アペリティーボって何?イタリアに来たら絶対すべき各地のアペリティーボ

イタリアに来たら絶対やってほしい『アペリティーボ』

アペリティーボとは、飲み物を頼めば軽食がサービスまたはビュッフェ式でカフェのように気軽に楽しめるもので、イタリアのお酒とイタリアの料理も堪能できるため旅行者はとくに経験しないと損!

イタリア人は観光や買い物の休憩で利用したり、友達とおしゃべりをするために利用したりします。

このアペリティーボ、安い料金でたくさん食べられるのでアペリティーボで夕飯を済ませちゃう場合もあり、アペリティーボ+チェーナ(ディナーのこと)でアペリチェーナという言葉もあるほどです。

ノンアルコールでもアペリティーボはできるので、是非!絶対!イタリアに来たら試してください!

 

スポンサーリンク

アペリティーボとは?

アペリティーボとは、いわゆるアペリティフ=食前酒のことで、イタリアではディナーやランチの前におつまみを食べながらお酒を飲むことです。

アペリティーボの代表的な飲み物はカンパリですが、スプリッツ、ワイン、カクテル、ビールなどもあります。

(初めての方は是非カンパリを!)

お酒が飲めない方にはノンアルコールもあります。コーラとかでもOK!

食前酒とともにおつまみをセットでいただくのがアペリティーボの醍醐味。

イタリアではアペリティーボをすることで夕飯をより美味しく食べられるとされています。

一般的な時間は16時~19時くらいが基準ですが、昼のアペリティーボをしているところもあれば、21時ぐらいでもアペリティーボ提供しているところもあり、様々です。

(アブルッツォでは昼のアペリティーボはどこでも可能です。地域によって異なります。)

 

各地域のアペリティーボ

アペリティーボはイタリアの各地域によって大きく変わります。

例えば、アブルッツォ州なら飲み物を頼めば上の写真のようにおつまみが無料サービスされます。(飲み物のお代わりを頼めばおつまみのお代わりもいるか聞かれるところも)

お店によって多少の値段の違いはありますが、上の写真のお店はカンパリ、オレンジジュースそれぞれ3.5€です。(つまり2人で7€でこの量!)

別のお店ではこんな感じでした↓

こちらのお店もビール・カンパリは一杯3€で、こんなについてきます!(もちろん食べ物は無料)

アブルッツォ州は炭水化物過多なアペリティーボが多いです笑

 

ローマから北はブュッフェ式が多い

ローマを含む中部イタリア・北イタリアでは比較的ビュッフェ形式のアペリティーボが多いです。

(アブルッツォは一応中部イタリアですがビュッフェ式は少ないです)

もちろん全てではなく、お店によってはアブルッツォ州のようにテーブルに運んできてくれるタイプもあります。

ビュッフェ式の場合は、飲み物一杯+ビュッフェの値段が加算され、8€~15€ほど。2杯目を注文する人はさらに別途かかります。

都心より郊外になると安くなる傾向はあります。

(って考えると、3€であんなに食べられるアブルッツォ、すごい!)

 

内陸部は生ハムが中心

ピエモンテ、トスカーナなど、内陸の畜産が有名なところは生ハム・サラミなども充実しているそうです!

 

プーリアは揚げ物ばかり

プーリア州は「アペリティーボは揚げ物ばかり」と噂には聞いてましたが、本当に揚げ物ばかりでした!美味しかったです!

 

都心部は割高

ローマ、ミラノなど都会はやはり割高です。10€以上払ってショボいおつまみのみ…なんてこともざらにあります。

だから私はローマではバカらしくてしたことありません~

 

色々なアペリティーボをみてみよう

ツイッターの埋め込み機能を使用していますが、アペリティーボはどんな感じか参考にしてください!

どこでアペリティーボはできるの?

BAR(バール)CAFFETTERIA(カフェテリア)などでできます。どちらもイタリアのそこら中にあるのですぐ見つかるはずです。

バールとは?→「イタリアのバール!コーヒーの種類と楽しみ方、知らないと損!

カフェテリアを併設しているPASTICCERIA(スイーツ菓子店)などでも提供しています。

またはこんなお店もあります。

アペリティベリア-Aperitiveria-
直訳でアペリティーボのお店。
食前だけでなく食後にも、ゆっくり飲んで会話できます
スプリッツェリア-Spritzeria-
直訳でスプリッツのお店。
メインはカクテルですが、ビールやワインもあります。
アペリティベリアとほぼ同じです。
ストゥッツィケリア-Stuzzicheria-
直訳でおつまみ(小皿)のお店。
こちらもアペリティベリアと変わりません。

などなど、色んなところで楽しめます!

レストランによってはアペリティーボやっているところもありますよ!

アドバイスするならば、お店に入る前に他のお客さんがどんなアペリティーボをチェックした方がいいです。

アペリティーボはお店によっ出すものがかなり違い、最悪ハズレを引くとだとポテチだけ…なんてところも。

 

さいごに

観光であれば、是非イタリアの文化として試してみてください!

留学など長期滞在の方もお酒好きな方は、お友達と是非試してみてください!

ゆっくりとお酒と小腹を満たせます。

お酒を飲みすぎなければ経済的でもありますよ!

 

\イタリア文化/

日本のようには飲めない!酒好き・酒飲みにはちょっと辛いイタリア生活
突然ですが、私はまあまあの酒飲みです。 「ざる」とまではいきませんが、家でも毎日飲み、一人で飲み歩きするほど好きです。 ※「ざる」とはお酒をいくら飲んでも酔わない人のこと。お酒に強い人。 そんな酒飲みな私ですが、残...
イタリアのジェスチャー解説11選【イラスト付き】
イタリアはジェスチャー(手振り)の動きが多い国で、イタリア人を観察しているとみんなよく手が動いています笑 知らなくてもなんとなくわかるジェスチャーから、どういう意味?とよくわからないジェスチャーまで、今回はよく使われるものを私の旦那がイラストしてくれました!
イタリアで‟挨拶のキス”はどうやるの?キスは何回?
イタリアに住んで思ったのが、必ずしもみんながキスをするわけではないということ。 他のヨーロッパの国では、家族でも毎朝キス、職場でも毎朝キス、というところもあるそうですが、実はイタリアはそこまで情熱的ではありません笑 

コメント

タイトルとURLをコピーしました