イタリアから日本へ荷物を郵送する方法【Poste Italiane】

イタリアから日本や他の国に荷物を送る際、郵便(Poste Italiane)か民間の宅配業者(DHLやヤマトなど)を利用できます。

民間の宅配業者の場合、安全性が高いのですが、その分料金も倍ほど高くなり、そして送れる地域が限られてきます。(ヨーロッパ内だと比較的送りやすいですが)

今回はイタリアの郵便局から国際郵便を使う方法をお伝えします!

イタリアの郵便局と日本の郵便局のシステムは同じではなく初めはよくわからないかと思いますので、参考にしてください!

配送種類と料金の一覧と比較、安全性、追跡など詳しくまとめました!

 

日本から国際郵便で海外に送りたい場合は「国際郵便を使う際の注意事項」をご覧ください。

 

スポンサーリンク

配送の種類

イタリアから国際郵便を使う場合、5種類あります。

 

配送の種類 送料 日数 重さ(max) 大きさ(max) 船・航空便 追跡
EMS €36.50~ 2-5日 30kg 最長辺150cm
三辺の合計225cm
航空便 あり
Raccomandata €8.40~ ※1 2kg 最長辺60cm
三辺の合計90cm
航空便 あり
Priority €4.50~ 7-8日 2kg 最長辺60cm
三辺の合計90cm
航空便 なし
Pacco ordinario €30~ 15-25日 20kg 最長105cm
一番長い辺+別の面一周=2m
※追加料金でそれ以上の大きさも可
船便 あり
Postamail €2.40~ 85%が22日以内 2kg 最長辺60cm
三辺の合計90cm
船便(多分) なし

※料金はイタリアから日本に送る際の最低料金です。★は公式HPの料金表なので詳しくはリンクへ。

※日数は土日祝日は含まれません。日本に送った場合の日数です。

※1、日数は様々なためカスタマーサービスに聞いてくれ、だそうですが、だいたい7-10日程度で到着しています。

 

追跡について

郵便局は国ごとによって管轄が違うため、イタリアはイタリア国内までの保障しか守られず、日本も日本国内までの保障しかありません。

(日本から外国へ荷物を送った場合、日本から出た荷物は海外の郵便局へ託されるので、日本側はその後はわかりません、ということです)

なので、イタリアの郵便局側は「追跡は国内のみ保障されます」と書いています。

しかし、安心してください。イタリアから日本に送った荷物はちゃんと最後まで追跡できます!!

 

保険

保険を任意でつけられますが、あまり意味がないと郵便局員さんも言っていました。

なので私はかけたことがありませんが、参考までにリンク貼っておきます。

Posta Assicurata: tariffe e tempi di consegna - Poste Italiane
Scopri le tariffe per le tue spedizioni in Italia. Consulta i costi e, dopo l'invio, usa il tracking per la ricerca anche in caso di mancata consegna.

 

料金を比較して、わかりやすく

0.2kg、0.9kg、1.9kgの荷物を日本へ送る場合の料金をそれぞれ比較してみましょう!

 

0.2kgの場合 0.9kgの場合 1.9kgの場合
EMS €36.50 €36.50 €42
Raccomandata €16.50 €26.90 €40.30
Priority €10.30 €17 €28.50
Pacco ordinario €30 €30 €36
Postamail €8.60 €13.50 €23

つまり、小さくて軽いものを送るならRaccomandata/Priority/Postamailの3種類が無駄なく安上がりです。EMSPacco ordinarioは1kgまでが最低料金なので、1kg未満のものを送ると送料の無駄になってくる可能性があります。

 

2kg以上のもの、もしくは三辺が90cm以上のものは必然的にEMSPacco ordinarioになってしまいます。

 

1.9kgの場合、EMSRaccomandataの料金が€1.70しか変わらないので、EMSのほうが早く到着するし、EMSのほうがいいかもしれませんね。※ただし注意があります。下に書いてます。

 

20g以下のものを送りたい場合は、Postamailが最安(€2.40)です。Raccomandataでも送れます(€8.40)。

スポンサーリンク

手続きの手軽さの比較

郵便局に出向いたとき、一番手続きが楽なのはPriorityです。

なぜなら、Priorityは荷物のパッケージに書いた宛先だけで十分なので、お金を払って完了です。

一方、他の3種類は別の用紙にも記入しなければいけません。

※Postamailについては調査中です…スミマセン

なので、荷物に直接書いた宛名と、渡された書類にも記入しないといけないため、手間がかかります。

 

とくにPacco ordinarioとEMSは厄介

Pacco ordinarioまたはEMSで送る場合、内容物を詳細に書かないといけません。

さらに、2種類の用紙に同じことを書かないといけないため、計3箇所に住所を記載しなければいけません。そしてサインもしないといけません。

局員さんも若干嫌がります…w

ちなみに、入口のところに専用の送り状が置いてある場合があるので、待っている間に書いておくとスムーズです。

 

内容物の申告

EMSPacco ordinarioは内容物を申告しなければいけません。

(RaccomandataとPriorityは申告の必要なし)※Postamailは調査中

  • 内容物の名称
  • 内容物の金額
  • 個数
  • 重さ

を記載しなければいけません。

関税で中身をチェックされる可能性もあります。(運次第)

内容物の合計金額も1万円以上だと関税がかかり、受け取る側に税金を請求されるそうです。

↑人から聞いた話なので、確かではありませんが、どちらにしてもあまり合計金額を高く設定しない方が無難です。

そしてリスクが高いです!!

もし税関で通らなかった場合、戻ってきてしまいます。もちろん送料として払ったお金は戻ってきません。

 

イタリアの郵便事情

ちょっと前までは色々な悪い噂を聞いたり、実際に知り合いが被害にあったりしましたが、私はイタリアから荷物を送る際も、日本からイタリアへ荷物を送る際も、全て無事に到着しています。

なので、最近は結構良くなっているんじゃないかな、と思います。

とは言え、紛失される可能性も頭に入れておきましょう。

 

まとめ

2kg以下で三辺の合計が90cm以下のものを送るなら、最安はPostamail。追跡が欲しければRaccomandataで。追跡なしで早く安くならPriority。

大きな荷物を送る際は、早く到着してほしければEMS、遅くても良ければPacco ordinarioで。

差額は€6程度なので、EMSにしてもそこまで高くはなりませんね。

 

郵便局員によっても言うことが様々で、前回送れたのに「これでは送れない」と言われることもあります。詳しくは「【イタリアの郵便局】テキトーな対応6選」をご覧ください。

また、宛名の書き方も日本の常識とはちょっと違うので「【イタリア⇔日本】宛名の書き方と注意点」を参考にしてください。

コメント

  1. ym より:

    はじめまして。
    Postamail Internazionale とPostapriority Internazionale の違いがよくわからないのですが、何が違うのか教えて頂けないでしょうか。
    Postamail Internazionaleの350g~1000gの日本までの料金は13.50€
    Postapriority Internazionale350g~1000gの日本までの料金は17€ですが、
    どちらもサイズは3辺の合計は90cmまで、一番長いところは60cmまでになっていて、違いがよくわかりません。
    イタリアの方に3辺の合計60cm、重量800gくらいの靴を送ってもらえないか交渉したいのですが、イタリアの郵便局のHPは英語での言語設定は無いようで、私にはイタリア語では理解が難しく、Postamail Internazionaleと Postapriority ernazionale の違いがよくわからず・・
    大変申し訳ないのですが、教えて頂けると嬉しいです。

  2. ym より:

    Postamail Internazionale とPostapriority Internazionaleの件でコメントをさせて頂いたものです。
    二つの違いは早いか普通かの違いだけでいいのでしょうか?
    HPを見るとpostamail Internazionaleで送れると思うのだけど、ねぎさんのブログでは2キロ、90cmまでの物を送るにはEMSかpriorityのどちらかになっていて、イタリア語のわからない私には送れるのか送れないのかいまいちよくわからなかったので、質問させて頂きました。
    もし気分を害されたなら申し訳ありません。

    • ネギ ネギ より:

      ymさん、お返事大変遅くなり申し訳ございません。一時帰国の前後でバタバタしておりました。
      Postamail Internazionaleをすっかり見落としていました。ご指摘ありがとうございます。
      私もこちら利用したことないのですが、おそらくPripriyとの違いは、船便か航空便だと思います。Postamailが船便でのため、日数がかかり料金が安くなっているだと思います。
      ちゃんと調べ次第、記事を修正いたしますね!