アフターピルはイタリアで処方してくれる?イタリアでの避妊・性事情

今回は、妊娠を望まないカップルが避妊に失敗した際、イタリアではどうしたらいいか?というのを説明します。

コンドームが破けてしまった、ピルを飲み忘れた、避妊具なしでしてしまった等、色々あると思いますが、性行為があってからなるべく早くモーニングアフターピルを服用しなくてはいけません。

モーニングアフターピルとは

緊急避妊ピルとも呼ばれていて、避妊に失敗した後に服用することで妊娠するのを防ぐ効果があります。毎日服用する低用量ピルとは違い、女性の体に負担がかかるため、頻繁に服用することはできません。

ちなみにイタリア語でモーニングアフターピルは「Pillola del giorno dopo」と言います。

※以下、アフターピルと表記します。

私の経験を元にお話するので、地域などによって異なるかもしれません。

 

スポンサーリンク

18歳以上なら薬局で買える

一番手っ取り早いのは近くの薬局(farmacia)で購入することです。18歳以上なら医師の診断書なしでOKです。

ただし性行為から72時間以内に服用しないと効果が薄れますので、早めに行きましょう。

身分証明書が必要になるので、ID(carta d’identità)またはパスポートを準備してください。

またtessera sanitaria(健康保険カード)を持っている場合は、割引になる可能性があります。

私は、NORLEVO(ノルレボ)という日本でも処方されているピルをもらいました。

通常価格19.90€でしたが、割引で17.70€(約2000円)になりました。

日本だと婦人科に足を運ばないといけない上、同じノルレボで1万円前後します。

これ、普段コンドームで避妊している人は、イタリアに来た際に予備として購入しておくと安心かもですね。(イタリアに限らず、フランスやドイツなどでも安く手に入ると思います)

 

Consultorioで無料で処方?

※こちらは私が実際に行ったわけでないため、不確かな情報です。

Consultorioとは直訳で相談所ですが、妊娠・出産・中絶・虐待・精神カウンセリングなど、個人や家族などをサポートする機関で、各地域にあります。

「consultorio+お住まいの地域」と検索すればヒットするでしょう。

ただし友達から聞いた話だと「18歳未満なら無料でサポートしてくれるけど、18歳以上はわからない」とのことでした。

実際調べてみると、ここには「18歳以上の女性は処方箋なしで薬局で買える。18歳未満は両親とドクターのところへ行き、診断書をもらえば薬局で買える」としか記載がなく、サポートしてくれるのか定かではありません。

アフターピルは時間が経てば経つほど効果が落ちるので、なるべく早く服用することをオススメします。必ず処方してくれるという情報がない限り、薬局で購入するのが一番早くて確実だと思います。

 

人気のDurex製が破れた!

イタリアで最もメジャーなコンドームメーカー「Durex」。

イギリスのメーカーで、おそらくイタリアに限らず欧州では人気があるメーカーだと思います。(中国語でも書かれているので、中国にも出荷されている?)

しかし、今回私たち夫婦が使用して破れたのはこのDurex!!

今までこんな経験がなかったのでびっくりでした。しかも、穴があいた程度ではなく根本だけ残っていたという破れよう…。(旦那は取るのを痛がってました笑)

たまたまかもしれませんが、でもたまたまでこんなことが起きては困りますね。

使用期限もあと4年残っているので決して古いわけではありません。日光が当たらない場所で、しかも箱の中に入れていたので、保管方法が悪かったとも思いません。

他のメーカーでもあり得るかもしれないので、みなさんも気を付けてください。

 

イタリアの避妊・性事情

イタリアでは中絶が許されないというのを、日本にいる時に聞いたことがありました。今回もアフターピルで検索していたらイタリアはカトリックなのでタブー視されているとありました。

実際、下ネタ好きなイタリア人ではありますが、コンドームの購入に羞恥心がある人も多かったり(イタリアは今でも自動販売機がそこら中にある)、40年ほど前までは堕胎は罪に問われていたほど、やはり宗教の影響は大きいのだと思います。

しかし、現在ではタブー視や反対意見はあっても、イタリアでは中絶は可能です。アフターピルも処方箋がなくても薬局で買えるほどなので、妊娠を望まない女性は安心してください。

また、普段から低用量ピルを服用しているイタリア人女性は多いです。(避妊というよりは白人は肌が弱く肌荒れに悩む人が多いため)

なので避妊具をそもそも使用しないカップルが多く、私のまわりの女友達も使用していない人が多いです。(びっくり!)

ピルの普及率が日本とは違うためだと思いますが、ピルで避妊はできても病気は防げないので気を付けてください。

どちらにせよ、望まないのなら避妊はちゃんとしてくださいね。アフターピルは何度も使っていいものではなく、女性に負担がかかります。

アフターピルはあくまでも緊急用なので、避妊をするのが前提です!

 

\イタリアでの生活について/

日本のようには飲めない!酒好き・酒飲みにはちょっと辛いイタリア生活
突然ですが、私はまあまあの酒飲みです。 「ざる」とまではいきませんが、家でも毎日飲み、一人で飲み歩きするほど好きです。 ※「ざる」とはお酒をいくら飲んでも酔わない人のこと。お酒に強い人。 そんな酒飲みな私ですが、残...
日本人が海外で暮らす大変なこと
海外生活を送っている人をみると、素敵だな~かっこいいな~と憧れていました。 しかし、実際にイタリアで生活すると不便なことが多く大変です。 今回は、日本人だからこそ海外生活(主にイタリアについて)で大変だと思ったことを紹介します!
イタリア難民問題「黒人=難民」の認識が強い
イタリアにいると黒人差別がひどいなぁと感じてきました。アメリカだって今どきそんなこと言わないだろうに… と思っていたのは、難民とはあまり縁のない日本で暮らしていて、他人事として気にもしなかったんだ、と痛感いたしました。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました