冷製カッペリーニの簡単・時短レシピ~だしを効かせて~

日本人にとって、夏にそうめんは欠かせない!

しかしイタリアでは手に入りづらいor超高級なので、私は冷製カッペリーニをそうめん代わりにしています!

そうめんのようにさっぱりと食べられ、茹で時間もそうめん並みに短く、ちゃちゃっと作れます!

忙しい日、暑い日に作ってみてくださいね~☆

 

スポンサーリンク

材料 1人前

カッペリーニ 100g
※De Ceccoのカッペリーニをオススメします!直径0.9mmとどのメーカーよりも細く、茹で時間も2分です。それにDe Ceccoはイタリアを代表するパスタメーカーのひとつで美味しいですよ!

トマト 好きなだけ

オリーブオイル 適量

顆粒昆布だし 小さじ1~2

塩 少々

●ツナ缶 40g(1/2缶)
※できればオリーブオイル漬けのツナ缶で。なければツナ缶のオイルや水をしっかり切る。

●ニンニク(パウダー) お好みで

●刻みネギ お好みで

●塩 少々

仕上げ用:乾燥イタリアンパセリ 少々

 

作り方

①鍋にたっぷりお湯を沸かし、カッペリーニを茹でる。塩も一つまみいれる。→茹で上がったら麺を冷水で冷やす。

②カッペリーニを茹でている間、トマトを1~2cm角切りにする。

③ボウルに角切りにしたトマトと●の材料を混ぜる。塩加減はお好みで。(オリーブオイル漬けではないツナ缶を使用の場合は、オリーブオイルを少し入れてください)

④別のボウルに水切りしたカッペリーニを入れ、顆粒だし・オリーブオイル・塩をいれて混ぜる。お好みで分量は調節してください。

⑤お皿に④と③を盛り付け最後に乾燥イタリアンパセリをふりかけて完成!

 

~見た目は気にしない!一人飯の場合~

ボウルは使用せず、③と④の材料を食べる器に全部投入し、混ぜて完成。

見た目はキレイではないですが、食べちゃえば同じ!洗い物も減ります。

 

顆粒昆布だしはなくても、塩・オリーブオイルのみで味付けはできますが、昆布だし好きの私としては無いと物足りなく感じてしまいます~!

昆布だしあり、なし、どちらも試してみてください☆

 

イタリア語豆知識

カッペリーニはCapelliniと書き、発音はカッペリーニではなく、カペッリーニの方が近いです。

なので人によっては「カペッリーニ」と表記する人もいますが、日本ではカッペリーニの方が浸透している(?)ので私はカッペリーニと表記。

Capelliniの意味は「小さな髪の毛」で、髪の毛のような細さから由来しています。

あと、たまに勘違いしている人がいますが、カッペリーニはパスタの種類のひとつで、料理名ではないですよ~!

 

\その他レシピ/

海外で手打ちうどんを作ろう!もちもちでコシのある作り方
過去2回手打ちうどんを作りましたが失敗…。三度目にて成功したので、そのレシピをシェアします~!! もっちりとコシのある讃岐うどんのようにできました! 私はサラダうどんにしましたが、かけうどん、釜揚げうどん、ざるうどん、焼...
海外で手に入る材料でお好み焼き!外国人絶賛【ソースのレシピ付き】
海外でも手に入る材料で、お好み焼きの生地からソースまで作れちゃうレシピを公開します! 外国人っていわゆるB級グルメが好きな人が多く、小麦粉やソースを使ったお好み焼き、タコ焼き、焼きそば…が人気です。 海外の人に手料理を振...
【夏に最適】インサラータ・ディ・リーゾのレシピ
イタリアの夏の定番料理と言えば、 インサラータ・ディ・リーゾ(Insalata di Riso) お米のサラダという意味ですが、サラダというよりは主食でもOK、暑い夏に冷たくモリモリ食べられる一品です。 日本ではラ...
イタリアン
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
\ ネギをフォローする /
関連記事
イタリアに住んだネギ

コメント

タイトルとURLをコピーしました